月別アーカイブ: 2021年6月

産後の寝不足からの疲れの緩和と美容法

我が子は敏感で繊細な性質で、夜泣きが本当に多く4歳前くらいまではぐっすり眠れたことがありませんでした。

なので常に私は睡眠不足で、フラフラな時も多かったです。

主人も仕事が忙しく、また実家も遠かったので頼る人もいなく、すべて自分でどうにかするしかありませんでした。

睡眠を十分にとることができなかったので、せめて食事はしっかり摂ろうと思い、どんどん食べていました。

しかし小さい子がいるとなかなか凝った料理は作ることができないし、外食も難しいし、ゆっくり食べられなく…ついつい自分の食事も適当になってしまいがちでした。

なのでそのまま食べられるバナナやヨーグルト、納豆などを買い置きしておき、小腹が空いたら食べるようにしていました。

糖分も適度に摂った方が力になると思い、好きな和菓子もストックしておきました。

そして鉄分や亜鉛、ビタミン、スルフォラファンなどのサプリメントにも頼りました。毎日飲むことで、体力がないなりにも、風邪を引かず倒れることなく乗り切ることができたと思います。

卒乳してからは、養命酒を飲むようになりました。私は漢方の効果がよく感じられる方なので、養命酒もとても効果があり、睡眠が十分にとれない中でも元気に過ごすことができました。

そしてアリナミンEXなどの商品にも頼り、かなり疲れているときは寝る前に飲んだりして、なんとか辛い時期を乗り越えられました。

外見はやはり内面から表れると思うので、気持ちも塞ぎこまないようにリフレッシュを心掛けたり、子どもと散歩をして太陽を浴びたり、ストレッチをして身体を適度に動かしたりと、生活習慣にも気をつけていました。

ストレスがたまったら、寝かせた後に(すぐ泣いて起きるので抱っこしたまま)好きな動画を見たり、本をパラパラと読んだり、おやつを食べたりと、自分なりの発散方法を見つけて実行していました。

外見面では、乾燥肌なので昔から保湿だけは気をつけていたのですが、忙しくなってしまう産後も保湿は意識的に続けたいと思い、お風呂上りなど赤ちゃんが泣いていてもバッと保湿だけはしっかりとするようにしていました。

化粧水はスプレータイプに変え、乳液はチューブ式のすぐ出せるタイプに変え、時短であるけどもしっかりと保湿ができるようにしていました。

常に寝不足で疲れていましたが、いろいろと気を付けていた成果なのか、周りの人には産後も全然余裕を感じるくらい外見に変わりもなく、子育てをとても楽しんでいるように見えたようです。

他にも時短をすることで、時間の無さから解決できます。
時短でもケアをすると、疲れるふうには見えないと思います。

自分の時間を作ることで、育児ストレスも少なくなり、気分転換にもなると思います。

みんなの体験談を見るのも参考になりました。
https://www.ifm-camp-2016.org/taiken/seikou.html

やはり育児は大変なので皆工夫していますが、気をつけてる人はキレイに痩せていますね。

ネコの性質

子供の頃は犬派だった。しかも大型犬。コリー犬やシェパード犬が好きでシェパードは3代飼った。とても賢くて私は犬しか飼えないと思っていた。

結婚してすぐ家を建てて、入居したとたんに義理兄が子猫を飼ってくれないかと持ってきた。新築だし非常識だと思ったけど言えず、主人は自称猫派だそうで可愛い可愛いと言い飼う事になった。

ネコの性質も知らず私は不安しかなく猫の本を飼ってきてどのような世話をするのかから勉強した。

1匹飼うと寄ってくるのか、知らない間に3匹になっていた。

最初はご飯やトイレどのようにするのか分からなかったけど毎日世話をすることで愛着もわき猫も懐くという事がわかってきた。おとなしく膝に乗ってゴロゴロ言って黙ってそこで寝る・・・なんというツンデレなんでしょう。

一気に虜になったのは間違いない。

犬がちゃんと相手して構ってあげないと拗ねる生き物と反対で猫は飼ってわがままだけど飼い主のメンタルをちゃんと把握している。落ち込んでいる時は横に来てじっと座っている。楽しいことがあった時は膝の上で撫でてと頭を突き出してくるし空気の読める生き物。

一つだけ不満を言うと。

数年後、子供が出来3匹と1赤ちゃんの生活が始まった。最初はベットの上で寝るだけだからあまり気にしなかったけど動き出してからは毛の心配がつきまといコロコロをいつもしていた。

ブラッシングしても毛は常に抜けるしコロコロしても常に毛が付いている。

これだけはどうにもならず、子供に毛が入らない様にするのに苦労した。

子供は、軽く喘息も持っており猫は可愛いけど、毛の事、喘息の事を考えると部屋を分ける必要があると判断して今までは寝る時も生活も同じ空間だったけど別々にした。

ある程度毛の回避はできたけど、今度は私が、猫と別の生活がストレスになってきた。子供の喘息も猫と別にしても変わらず出るし、いつも横にいてくれた相棒がいない事にどれだけ支えられていたのか初めて実感した。

そんな子供も、動物大好きな良い子に育ってくれてこの春から動物関係の仕事に就くことになっている。

見送った後はもう辛い思いはしたくないと飼う事を辞めるつもりなのに、なぜか寄ってくる我が家。嫌だと思いながらまたお世話が出来る嬉しさに心躍る日々がうれしい毎日。リモサボン 赤ちゃん