仕事で行き詰まったらプライドなんか捨て素直にアドバイスを求めなさい

仕事をしていて、どうしても解決策が見つからないこともよくあります。
そんな時に素直にまわりの人にアドバイスを求められればいいのですが、意外とそれができないこともあります。
「自分よりも年下の人間委アドバイスを求めるなんてできない」
そんなプライドが邪魔をしているのかも知れません。
でもい年下だろうが年上だろうが、その分野に詳しい人に効くのが「地番の早道です。
特にネットやパソコンのことなんか今の若い人はとても使いこなしています。
これが年配者には太刀打ちできません。

灯台もと暗し
何日も悩んでいた問題が隣の人に効いたら
「先輩 これこすれば簡単い出来るっすよ』
と簡単に解決するケースってめちゃくちゃ多いのです。

「わからない」
と自分一人で抱え込んでいてはいつまで経っても解決しないのです。
そんな悩みの時間は無駄です。
なんいちも悩んでいるのに、ある日上司から
「●●君、あれどうなった?報告してくれ」
と言われてあたふたしても仕方ありません。
いあmのサラリーマンは年功序列も崩れてきて実力主義になりつつありあmす。
それで
「仕事のできない奴」
という烙印を押されては大変なことになります。

知識だkではありません。
人脈やアイデアも同じです。

ある新規開拓したい顧客の出身大学がわかっていて
同じ出身大学の同僚に相談したら共通の友人がいたりします。

また「ああ、その人 大学でラグビー部でしたから時々試合でぶつかったりしてましたよ
▼大学のラグビー部の◎◎の同僚だって僕の名前を出したらとりあえずは会ってくれると思いますよ
連絡先分かるなら今僕が電話しいましょうか?
なつかしいなぁ」
なんて拍子抜けするくらい簡単に問題が解決するおkともあります。

仕事のできる人ほどうまくまわりに協力者がたくさんいます。
もちろんギブアンドテイクであなたのほうからも積極的に誰かのお手伝いをするようにしてください。
そうすればきっとあなたを助けてくれる人がたくさん現れてきます。
サインの達人 署名ドットコム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です