転倒リスクを避けるため実家の床に物は置くな

高齢者の事故ってどこで起こっているのが多いかというと実は家の中なんです。
ですから高齢者が最も気を付けなければいけないおが「転倒」なんです。
転倒して骨折し、入院でもしたら筋肉もすぐに弱ってしまいその結果「メタキリオ」にだってなってしまうかのせいもあるのです。

高齢者の転倒リスクで最も多い原因
それは家の中にあるものに躓いての転倒です。
意外と床に置いてあるマットでもそのわずかな段差に躓いて転倒することもあるくらいです。

この床に置いてあるものに躓く
床に置いてある荷物が崩れてしあmす
それが転倒の主の原因でもあります。
その転倒リスクを避けるために
実家の床には極力物は置かない
ことが重要です。
今、実家の床に置いてあるモノを親とそうdファンしながら片付けることで不要な物の処分もできます。
ひょっとしたら床に置いてあるものが崩れたままでhじゃないですか?
親自身もそれを片付けることが出来ないこともあります。
廊下や階段の両脇にたくさんのモノが放置されていあm線化?
そのわずかな隙間を高齢の親が十ている
そんな状況ではいつ親が転倒してもおかしくはありません。

そんなそれぞれのお部屋の移動も大変になってくるから食事もテレビを見るのもベッドの上で・・・
そんなことにもなりかねません。

親の家の中での活動範囲を広げる意味でも床に物は置かないようにしましょう。

①高齢者は家の中で転倒して骨折するリスクが大きいので床に物は置かないようにしましょう。
②高く積んだ荷物が崩れて床に物が広がらないようにする。(特に廊下や階段)

高齢者は特に重い荷物を高いところに持ち上げることも辛くなってきてしまい、ついつい床に物を置きがちです。
ですから日頃から物の整理整頓がとても重要です。
一度、楽を覚えてしまうとなかなか床に置いた荷物を動かそうとすると高齢の親から反対されてしまうこともあります。
子供も常に実家の床の荷物の状況には目を光らせておきましょう。
遺品整理 いつから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です