月別アーカイブ: 2021年8月

夜型の人の健康

最近、朝型の人、夜型の人なんて言葉を聞きますよね。

確かに、自分自身を含めて私たちの身の回りには朝どうしても起きられない人や夜中は眠くて徹夜できないという人がいる一方、朝起きるのは超余裕、徹夜なんて当たり前といった人がいますよね。

一般的にはそんな徹夜だ得意な夜型の人って健康に悪いと言われていますがそれは本当なんでしょうか?

統計学、疫学的な調査では夜中まで遅く起きていることが多い人は肥満になりやすかったり、うつ病になりやすかったり、他にも糖尿病や高血圧といったいわゆる生活習慣病にかかりやすかったりということが言われています。

しかし、これらはあくまでも疫学的な調査がほとんどで、なぜ夜型の人がこういう疾患になりやすかったり健康に悪影響を与えるのかということはよくわかっていません。

一般的に言われているのは、どれだけ夜眠られないから起きておくからといいってもまともな社会生活を送っている限り、学校や会社があるため起きる時間は夜型でない人と変わりません。

結果として睡眠時間が短くなってしまいます。

睡眠時間が適切でないと疲労が溜まったり、上記のようにうつ病や生活習慣病にもかかりやすくなることはわかっています。

現に日本人の睡眠時間というのは世界でも最低レベルで問題視されています。

しかし、うつ病になりやすということに限っては睡眠時間が短いということばかりではなく、体内時計ということも関わっていることがわかりつつあります。

体内時計というのは人が24時間周期をきちんと体の中で刻んでいる仕組みです。

厳密に24時間を計っているわけではありませんが時計遺伝子と言われるような遺伝子が働きサーカディアンリズム(概日リズム)というものを体の中に作っています。

夜型の人はこのリズムと実際の睡眠などのズレが起きてしまうことがあります。

このズレによってうつ病になりやすくなるということが最近の研究では判明しつつあります。

そのため、やはり夜型の人は健康にはよくないので徹夜をする場合でも適度にやりすぎない程度にして、なるべく睡眠をとり実際の生活のリズムと体のリズムを合わせて上げることが大切でしょう。

ブレインスリープピロー 楽天