終の棲家の有料老人ホームはどんな所にすればいいのか?

民間の老人ホーム
つまり有料老人ホームのいろいろありあmす。
素晴らしい老人ホームもあればろくでもない老人ホームもたくさんあります。
ではそのあたりをどうやって見極めればいいのでしょうか?
老人福祉法の規定では、有料老人ホームとは
「常時10人以上の老人を入所させ、食事の提供その他、日常生活上必要な便宜を提供することを目的としたs除雪で合って。老人福祉施設でないものをいう」
とされています。
老人福祉死sつというのは、特別養護老人ホーム(通称:特養)など公的な施設のこと言います。
それ以外が有料老人ホームになります。
では有料老人ホームはどんな会社が経営しているのでしょうか?
主に
・社会福祉法人
・財団法人
・医療法人
・宗教法人
しかし一番多いのが
・株式会社
でしょう。
あるいは個人経営の老人ホームまであります。
それだけに玉石混交なのが有料老人ホームなのです。

規模的にも
小規模もあれば大規模の有料老人ホームがあります。
小規模でもアットホームなのどかな雰囲気の老人ホームもあります。
あるいは広大な敷地に鉄筋コンクリートの豪華で立派な建物
さらには大浴場やリクレーション施設とかまるで高級ホテルのような老人ホームもあります。
小規模化?大規模化?
一概にどちらファイいとはいえません。
私が考えている老人ホームとは
・終の棲家である
・ひとつの老いのスタイル
ことから探すべきではないかと思います。
ですから
・元気なうちは「楽しく老後祖過ごせるか」を重視すべき
・介護が必要になったら充実した介護サービスが提供できるところ
・寝たきりになったら十分な医療サービスが受けられるところ
とニーズはどんどん変わってゆくことを知っておきましょう。

ということは
元気なうちは「サービス付き高齢者住宅」
介護が必要になってくれば「住宅型老人ホーム」
より手厚い介護委や医療のサービスが必要になったら「介護付き老人ホーム」
とその時々の状況により川ていくことも必要になります。
実務者研修 どこがいい 働きながら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です