何度もナースコールで看護師を呼ぶ問題患者をどうする?

「ご高齢の男性患者なのですが、昼夜を問わず何度もナースコールで呼び出してくるので困っています」
そんな経験はどの看護師も経験したことがあると思いあmす。
「そこの窓のカーテンを閉めてくれ!」
「ちょっと寒いから空調を調節してくれ!」
毎回毎回さほど緊急性のない用件ばかりです、
そこで
「ナースコールは緊急の時にだけ使ってください」
とお願いするのですが一向にナースコールがやむことはありません。
対応が少しでも遅れると逆ギレされて怒鳴り散らすこともあるので他の患者さんへの迷惑を考えると対応せざる負えません。

そんな問題のあるかなjさんからナースコールが鳴ると
「またか」
「そんあことで」
とついイラっとしちゃいますよね。
それはどうしても表情や動作にも現れてしまいます。

しかし、少し例背になって考えてみましょう。
そのナースコールを頻繁にならす患者さんはなぜ何度もナースコールを鳴らすのでしょうか。
もしかするとそれはなにかの「不安」や「恐れ」なそ強いストレスから自分の心を守ろうとしているからかもしれません。
大きな病気や手術を抱えた患者さんは一時的にわがままで幼く未熟な心の状態になっているのかもshじれmせん。
病院という極めて特殊な環境にも慣れていません。
手術が怖いのは誰でも同じです。
そんなことは入院患者さんにはよくあることです。

人は自分の気持ちがわかってもらえると安心します。
それがナースコールを何度も鳴らす下忍化もしれないのです。

何度もナースコールを鳴らす菅あjさんいは
「大きな不安を抱えているのだな」
という気持ちも少し持つことができればイライラする気持ちも少しう楽になるのではないでしょうか。

ナースコールで呼ばれても
「何か不安なことはありますか?」
「ほかにやることはありますか?」
と聞いてあげるのもいいかもしれません。

それでも業務に支障があるくらいナースコールを鳴らし続けるのなら
「できるだけ対応する努力はいたしますが、緊急性の高い業務もありますのでその場合はそちらを優先させていただきますね」
と優しく、かつきっぱりと伝えておきましょう。
看護師 求人 ブランク可

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です