脱毛期間中に気を付けるべきこと

悩みの種となるムダ毛を少なくするために、有効な手段となるのが徐々に毛量を減らしていくことのできる脱毛です。
順調にムダ毛を減少させるためにも、脱毛期間中には気を付けたいことがあります。
いくつかの注意点がありますが、最も気を付けたいのは肌を焼かないこと、真っ黒に日焼けするのは厳禁です。

毎年流行りがあるので時には、ブロンズ肌がトレンドになることもあり、日焼けサロン通いに夢中になる人もいます。
ですが順調な脱毛を期待するなら日焼けをするのはナンセンス、それは脱毛の仕組みにも関わるためです。
脱毛器を使っての施術となるのが脱毛、光でもレーザーでも照射時に反応をするのは黒いメラニンの色、ですがそれは毛だけではなく黒色自体に反応をします。

本当は白い肌に日本人特有の黒い毛、この組み合わせが脱毛器には最適なはずが、肌まで黒く焼けてしまっては黒い肌にも反応をするので、これでは思うような脱毛効果は期待ができません。
もしも黒く肌を焼いてしまったら、肌の色がスタンダードな色に戻るまで脱毛は延期です。
無理にでも黒い肌に照射をすると、思うような脱毛の結果につながらないばかりか、黒い皮膚に光が反応をして火傷をしてしまうこともあります。

脱毛の結果以前に肌へのダメージは大きいもの、そのため脱毛を完了するまでは、できるだけ白い肌を守ることが大事です。
具体的な対策として脱毛が終わるまでは、肌の露出する部分には日焼け止めを塗って紫外線をカバー、外出時には日焼け対策が欠かせません。
頭には帽子をかぶるのもOKですし、日傘をさして歩くのも良い方法、目元からの紫外線から守るためにサングラスをしたり、できることは結構あります。

真夏などは日差しが強く発汗量も多いことから、日中汗をかいたら、日焼け止めを塗り直すようにすると、UVカット効果も長持ちです。
自分の肌に合った快適に使える日焼け止めクリームを選ぶと、毎日の日焼け止めを塗る作業も負担にはなりません。
脱毛ラボホームエディション 販売店

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です