「未分類」カテゴリーアーカイブ

クローゼットの中にどんな洋服があるか?常に把握していますか?

おお洒落な女性ほど一番の楽しみは洋服を買うことかもしれません。
でも一番ワクワクするのはその洋服を買うまでかもしれません。
たいていは買った当初の1回か2回は着ていても、すぐにクローゼットの中に収納してしまうとそのよう不kジュのことはすぐに忘れてしまうものです。
「もぉ~、着ていく服がないわ また買わなくっちゃ」
それは自分に都合のよい理由を作り出すためかもしれませんね。

でもクローゼットの中に収納した洋服の整理するのってどうしてうんざりしてしまうのでしょうか?

また、今日着ていく服を選ぼうとクローゼットの中をあちころかき回していて、やっと見つけた今日の気分にぴったりの意洋服。
そんな時に限って
・袖口のボタンが一つとれている
・襟元にシミがついている
したりしまう。

クローゼットの中は
・パッと見てなにがあるかすぐにわかる状態にしておく
・すぐに着ることが出来るようにしておく
ことが大事です。
でも多くの女性のクローゼットの中はぎゅうぎゅうともうパンパンな状態なんです。
それは多くの女性が洋服の持ちすぎだからなんです。

クローゼットの中はできるだけスッカスカの状態を保つ
これがとても重要なんです。

なにも
「今すぐ洋服の断捨離をしなさい!」
ということをおすすめしているのではありません。
大事なのはクローゼットの中は1軍のお洋服だけにしておくようにすることなんです。
2軍3軍の洋服はメタに着ることはありません。
おそらくそのワンシーズン 一度も着なかった洋服って珍しくありません。
でも、それをクローゼットの中にしまい込んでおくことは大きな弊害ばかりなんです。

衣替えの時には
1軍の洋服
2軍の洋服
3軍の洋服
これを意識してクローゼットの中に収納する洋服と洋服収納ボックスに置いておく洋服を分けておきましょう。
そして、クローゼットの中にしまう時にはすぐに着れる状況かどうか確認して保管しておくようにしましょう。
結局 みなさん1軍の洋服をうまく着まわすことが一番多いのです。
だttらそれが観覧らくちんにできるようにしておくことのほうが大事なんです。

イビサクリーム ビフォーアフター

産後の寝不足からの疲れの緩和と美容法

我が子は敏感で繊細な性質で、夜泣きが本当に多く4歳前くらいまではぐっすり眠れたことがありませんでした。

なので常に私は睡眠不足で、フラフラな時も多かったです。

主人も仕事が忙しく、また実家も遠かったので頼る人もいなく、すべて自分でどうにかするしかありませんでした。

睡眠を十分にとることができなかったので、せめて食事はしっかり摂ろうと思い、どんどん食べていました。

しかし小さい子がいるとなかなか凝った料理は作ることができないし、外食も難しいし、ゆっくり食べられなく…ついつい自分の食事も適当になってしまいがちでした。

なのでそのまま食べられるバナナやヨーグルト、納豆などを買い置きしておき、小腹が空いたら食べるようにしていました。

糖分も適度に摂った方が力になると思い、好きな和菓子もストックしておきました。

そして鉄分や亜鉛、ビタミン、スルフォラファンなどのサプリメントにも頼りました。毎日飲むことで、体力がないなりにも、風邪を引かず倒れることなく乗り切ることができたと思います。

卒乳してからは、養命酒を飲むようになりました。私は漢方の効果がよく感じられる方なので、養命酒もとても効果があり、睡眠が十分にとれない中でも元気に過ごすことができました。

そしてアリナミンEXなどの商品にも頼り、かなり疲れているときは寝る前に飲んだりして、なんとか辛い時期を乗り越えられました。

外見はやはり内面から表れると思うので、気持ちも塞ぎこまないようにリフレッシュを心掛けたり、子どもと散歩をして太陽を浴びたり、ストレッチをして身体を適度に動かしたりと、生活習慣にも気をつけていました。

ストレスがたまったら、寝かせた後に(すぐ泣いて起きるので抱っこしたまま)好きな動画を見たり、本をパラパラと読んだり、おやつを食べたりと、自分なりの発散方法を見つけて実行していました。

外見面では、乾燥肌なので昔から保湿だけは気をつけていたのですが、忙しくなってしまう産後も保湿は意識的に続けたいと思い、お風呂上りなど赤ちゃんが泣いていてもバッと保湿だけはしっかりとするようにしていました。

化粧水はスプレータイプに変え、乳液はチューブ式のすぐ出せるタイプに変え、時短であるけどもしっかりと保湿ができるようにしていました。

常に寝不足で疲れていましたが、いろいろと気を付けていた成果なのか、周りの人には産後も全然余裕を感じるくらい外見に変わりもなく、子育てをとても楽しんでいるように見えたようです。

他にも時短をすることで、時間の無さから解決できます。
時短でもケアをすると、疲れるふうには見えないと思います。

自分の時間を作ることで、育児ストレスも少なくなり、気分転換にもなると思います。

みんなの体験談を見るのも参考になりました。
https://www.ifm-camp-2016.org/taiken/seikou.html

やはり育児は大変なので皆工夫していますが、気をつけてる人はキレイに痩せていますね。

転倒リスクを避けるため実家の床に物は置くな

高齢者の事故ってどこで起こっているのが多いかというと実は家の中なんです。
ですから高齢者が最も気を付けなければいけないおが「転倒」なんです。
転倒して骨折し、入院でもしたら筋肉もすぐに弱ってしまいその結果「メタキリオ」にだってなってしまうかのせいもあるのです。

高齢者の転倒リスクで最も多い原因
それは家の中にあるものに躓いての転倒です。
意外と床に置いてあるマットでもそのわずかな段差に躓いて転倒することもあるくらいです。

この床に置いてあるものに躓く
床に置いてある荷物が崩れてしあmす
それが転倒の主の原因でもあります。
その転倒リスクを避けるために
実家の床には極力物は置かない
ことが重要です。
今、実家の床に置いてあるモノを親とそうdファンしながら片付けることで不要な物の処分もできます。
ひょっとしたら床に置いてあるものが崩れたままでhじゃないですか?
親自身もそれを片付けることが出来ないこともあります。
廊下や階段の両脇にたくさんのモノが放置されていあm線化?
そのわずかな隙間を高齢の親が十ている
そんな状況ではいつ親が転倒してもおかしくはありません。

そんなそれぞれのお部屋の移動も大変になってくるから食事もテレビを見るのもベッドの上で・・・
そんなことにもなりかねません。

親の家の中での活動範囲を広げる意味でも床に物は置かないようにしましょう。

①高齢者は家の中で転倒して骨折するリスクが大きいので床に物は置かないようにしましょう。
②高く積んだ荷物が崩れて床に物が広がらないようにする。(特に廊下や階段)

高齢者は特に重い荷物を高いところに持ち上げることも辛くなってきてしまい、ついつい床に物を置きがちです。
ですから日頃から物の整理整頓がとても重要です。
一度、楽を覚えてしまうとなかなか床に置いた荷物を動かそうとすると高齢の親から反対されてしまうこともあります。
子供も常に実家の床の荷物の状況には目を光らせておきましょう。
実家 空き家 どうする

モテたいならギャップを演出しなさい!意外性は大きな魅力

強面のいかつい顔
パッと見はまるでヤ◎ザみたいな男の人
その人が見かけた可愛い子犬を抱き上げて撫でていたら土井宇関s時ますか?
「あぁ、この人 見かけは怖そうだけどきっと心は優しい人なんだ」
と思ってしまいまさえんか?
今までその男の人を避けてきた女性はその後はきっと態度がくぁるものです。

人というものは、その人になにか意外な部分や足りない部分があるとその人に親近感を感じる物です。
意外な部分や足りない部分があるからこそ、その人を応援してあげたい!と思うものなのです。

それはどんなことでもかまいません。
見るからに秀才で何事も完璧なのに
「痔がめちゃくちゃ紀淡枚」
とてもおっとりして怒ることなんんて考えられなかった人が、上司の間違った意見に顔を真っ赤にして自分の意見を言っている。
いつもツンとすましている女性が意外と家庭的な手料理を振舞ってくれた
そんな意外性が異性の心をくすぐるのです。

異性の完璧なところは最初はみんな「すご~い」とほめてくれます。
でも、それってすぐに当たり前のことになります。
しかしう、意外性は相手にが長く興味を持ってもらえることが多いのです。
「あんな風に見えるけどあの人実は・・・」
なにかあるるたびに、その意外性のことが相手の頭の中に浮かんでくるのです。
これって、意外とモテる要因になります。

だからあなたも完璧を目指すのもいいですが、あえて自分の弱みや欠点を時にはさらけ出すことも大事なのです。
もちろんまw理に迷惑をかけるような欠点は話になりませんが、
まわりの人が「クスッ」と笑えるような欠点はかえってあなたの魅力を大きく見せることができるのです。

欠点や弱み
それをさらけ出すことで意外性などのギャップが生まれて、さらにあなたたに異性が親近感を感じて持てるようになるのです。

ですから欠点をあえて治す必要はありません。
欠点はあえてそのままにして、良いところをどんどん伸ばしていくようにすればいいのです。

「あっ、あんなにすごい人なのに、こんなかわいいところがあるのね」
それがいつのまにか心まで惹かれていくのです。

ポケットワーク 評判

ネコの性質

子供の頃は犬派だった。しかも大型犬。コリー犬やシェパード犬が好きでシェパードは3代飼った。とても賢くて私は犬しか飼えないと思っていた。

結婚してすぐ家を建てて、入居したとたんに義理兄が子猫を飼ってくれないかと持ってきた。新築だし非常識だと思ったけど言えず、主人は自称猫派だそうで可愛い可愛いと言い飼う事になった。

ネコの性質も知らず私は不安しかなく猫の本を飼ってきてどのような世話をするのかから勉強した。

1匹飼うと寄ってくるのか、知らない間に3匹になっていた。

最初はご飯やトイレどのようにするのか分からなかったけど毎日世話をすることで愛着もわき猫も懐くという事がわかってきた。おとなしく膝に乗ってゴロゴロ言って黙ってそこで寝る・・・なんというツンデレなんでしょう。

一気に虜になったのは間違いない。

犬がちゃんと相手して構ってあげないと拗ねる生き物と反対で猫は飼ってわがままだけど飼い主のメンタルをちゃんと把握している。落ち込んでいる時は横に来てじっと座っている。楽しいことがあった時は膝の上で撫でてと頭を突き出してくるし空気の読める生き物。

一つだけ不満を言うと。

数年後、子供が出来3匹と1赤ちゃんの生活が始まった。最初はベットの上で寝るだけだからあまり気にしなかったけど動き出してからは毛の心配がつきまといコロコロをいつもしていた。

ブラッシングしても毛は常に抜けるしコロコロしても常に毛が付いている。

これだけはどうにもならず、子供に毛が入らない様にするのに苦労した。

子供は、軽く喘息も持っており猫は可愛いけど、毛の事、喘息の事を考えると部屋を分ける必要があると判断して今までは寝る時も生活も同じ空間だったけど別々にした。

ある程度毛の回避はできたけど、今度は私が、猫と別の生活がストレスになってきた。子供の喘息も猫と別にしても変わらず出るし、いつも横にいてくれた相棒がいない事にどれだけ支えられていたのか初めて実感した。

そんな子供も、動物大好きな良い子に育ってくれてこの春から動物関係の仕事に就くことになっている。

見送った後はもう辛い思いはしたくないと飼う事を辞めるつもりなのに、なぜか寄ってくる我が家。嫌だと思いながらまたお世話が出来る嬉しさに心躍る日々がうれしい毎日。リモサボン 赤ちゃん

脳細胞をフル回転させることを阻害するもの睡眠不足

偏差値の高い難関大学や難関資格の試験には、記憶した知識だけでなくさらにそ知識を組み合わせたうえでの判断力と表現力、さらに論理的展開が求められます。
それには
「脳をフル回転させる」
必要性があります。
単純な例ではありますが、例えば睡眠不足ほど脳のフル回転を阻害するものはありません。
ところが多くの方が焦りから試験の前夜などにも徹夜の追い込み勉強をしてしまいます。
それでは本番では100%の力を発揮できません。
日頃の勉強でも睡眠時間を削ってまで勉強に当てますが、それもやりすぎは禁物です。

「頭がすっきりするまで眠る」

「そのうえで他の生活時間を削って勉強時間を確保する」
というのがベターだと思います。
普通の方は生活時間において、かなり無駄な時間の使い方をしている方が少なくありません。
それを削れば、なにも睡眠時間を犠牲にしなくても十分勉強できるのです。

スキマ時間を勉強にあてるのがうまい人ほどよく眠っています。
例えば
受験や資格試験でよく出題されるポイントをB6サイズのカードにまとめていつも持ち歩き、常に何度も目を通して頭に叩き込んだりしています。
それも暗記ではなく理解にまで発展させます。
何度も何度も目を通していると最初は理解できなくても、
「なぜそうなるのか?」
という疑問もどんどん消化されていきます。
頭にたたき込めたのなら不用になったカードは捨てていき。また新たに加えていくカードも作っていきます。
こんな風に好きな時間を有効活用していきましょう。
眠たければベッドや布団の中でしっかり眠ればいいのです、
通勤や通学電車の中でウトウトしたり、机の上に顔をうずめて仮眠をとっても脳の疲れは獲れません。
それなら通勤通学の移動時間やちょっとしたスキマ時間を勉強に当てられるような工夫をした方が得策です。

勉強のやり方でも工夫次第でかなり楽しくなってきます。
小さなスキマ時間の有効活用は、積もり積もって大きな差となるのです。
あしふみ健康ライフ 口コミ

リーズナブルな居酒屋に流れるポップなミュージック

みなさんはリーズナブルな居酒屋で、1980年代から1990年代に流行した歌謡曲がよく流れていることに気づいていますか?

昨日、近所の磯丸水産に行ったら、松田聖子さんの「渚のバルコニー」が流れていました。

子供の頃に聞いてた歌だ!

実は、バブル時に流行した曲を居酒屋で流すのには理由があるそうです。

バブル時代を知ってる世代…40代後半以上でしょうか?が、居酒屋で当時の曲を聞くと、ビールやお酒がどんどん進むのだそうです。

長引く不況にコロナ…でも、バブル時代の曲を聞いたとたん、時代は日本が最も華やかだったころに一瞬で戻ります。

現在、お父さんのお小遣いは、2万円ほどだという話ですが、当時は5万円、人によっては10万円ほど使っていたお父さんも珍しくなかったとか…。

私もあのころ、働き盛りの40代や50代なら、結構貯金ができていたのではないかと思うのですが、いやいや、使う額も今とは全然違っていたのでしょうね。

いわれてみれば、私が社会人になりたての頃の初任給と今とはそれほど変わってないような気がします。

洋服なんかは、逆に安くなってるような気がするんですよね。しかも最近では、インターネットで90%引きなんて服もみかけます。

物が安いのは嬉しいですが、その分、労働者の給料も減り、お小遣いも減る。いわゆるデフレスパイラルというものです。

一番良いのは、物価も所得も緩やかに上昇していくことだと思いますね。

今年より、来年、来年より再来年の給料がどんどん上昇していく。平成の初期のころまではそうでしたね。本当に良い時代だったと思います。

不況の上にコロナと、ちょっと心配なところではありますが、景気の気は、気分の気、気持ちの気だと言います。

明るい気持ちで、この不況を乗り越えていきたいですね。元気があればなんでもできる!

お金のかからない趣味を見つけたり、勉強や読書、散歩をしたりして、心身の健康だけは常に保ち続けていたいですね。

オススメサイト↓

ささみりん サロン