国民病とも言われる高血圧症についてどの程度ご理解されているでしょうか?高血圧症はサイレントキラーと呼ばれています。自覚症状が出ないまま重篤な病気へと結びついていきます。そんな恐ろしい高血圧について解説いたします。\n

赤いライター

高血圧の症状が何故、怖いのか。
その理由はいくつも存在しています。
まずは、高血圧は完治が非常に難しい様態であると言う理由です。
これは特に、特定疾病を原因としない本態性の場合に言えることですが、高血圧が完治する状態とは、血圧がずっと安定している状態のことを指します。
しかし、一度、基準値を超えてしまった血圧を安定させるためには、生活習慣の改善、あるいは降圧剤の服用を生涯にわたり続ける必要があります。
たとえ一時、血圧が安定したとしても、翌日にはまた高くなっているかもしれないと言う可能性があるためです。
普通の病気のように、悪い部分を切除したりする必要がない代わりに、一生にわたり付き合い続けなければならないと言うのは、とても怖い様態です。

それから高血圧は、様々な合併症を引き起こす要因であることが認められているのも、この症状が怖い理由です。
そしてその合併症のほとんどは、体に対して重篤な症状を引き起こす病気です。
たとえば腎臓機能の低下によって引き起こされる腎症の場合、最初は喉の渇きや多尿と言った症状で済みます。
しかしそれが進行すると、やがては腎臓で体内の塩分と水分のバランスを保つことが、そして余分な水分を体外へと排出することが不可能になってしまうおそれもあります。
そうなると、人工的にこれを行う人工透析を、やはり生涯にわたり受け続ける必要が発生します。

あるいは動脈硬化が引き起こされると、心臓疾患や脳血管疾患の発症リスクも格段に高くなります。
心臓疾患や脳血管疾患は、処置が遅れると命を落としてしまう可能性がとても高い病気です。
また仮に一命を取り留めたとしても、特に脳血管疾患の場合、それが発症した部位によっては、言語障害や認知機能障害と言った後遺症が残ることも考えられます。
ですから日頃から、血圧に対しては注意して、もし、高血圧が疑われた場合には、早期に医療機関を受診することが必要です。